手数料はとても格安な仮想通貨

仮想通貨は、手数料に関するメリットがあります。送金するコストを低く抑えたい時は、その通貨も活用してみると良いでしょう。振り込みなどで送金するのと比べると、かなり手数料を節約する事も可能です。

振り込みというサービスの手数料のデメリット

送金したいなら、確かに振り込みという方法もあります。相手の銀行口座が分かっているなら、そこに入金する方法もあるでしょう。
ただ銀行口座から送金するのは、少々時間がかかってしまう事もあります。銀行の窓口の営業時間は限定されていますから、夕方頃に送金すると翌営業日になってしまうケースが多いです。
しかも振り込みという方法の場合は、たいてい手数料がかかってしまいます。ATMなどで振り込みしますと、数百円ぐらいの手数料がかかってしまうケースも多いです。何回も振り込みを行いますと、数千円ぐらいの手数料がかかります。

スピーディーかつ格安に送金できる仮想通貨

ところで冒頭でも触れた通り、送金したい時には仮想通貨という方法もあります。いわゆる電子媒体の通貨になりますが、それには主に2つのメリットがあります。
まずスピードです。銀行のような営業時間に左右されませんし、基本的には即時で送金する事ができます。スピーディーにお金を送りたい時は、仮想通貨は便利です。
また仮想通貨で送る場合、手数料もかなり安く抑えられる傾向があります。状況によっては手数料無料で送金できる事もありますから、とてもお得です。
とりわけ海外に送金する時の手数料は、かなり低く抑えられる傾向があります。海外の場合、一応は海外送金という手段もありますが、あまりおすすめできません。かなり日数がかかってしまいますし、数千円ぐらいの手数料がかかるケースが多いです。それに比べると、仮想通貨の方が手数料を低く抑えることができます。その通貨であれば、たとえ海外でも数百円ぐらいで済むケースも多いです。

なぜ仮想通貨は手数料が格安なのか

ちなみに仮想通貨の送金手数料が格安なのも、きちんと理由があります。そもそも仮想通貨の業者の場合は、ATMや支店などの設備はありません。わざわざ実店舗などを構えていなくても、十分に取引できるシステムになっているからです。
メガバンクのように実店舗を構えますと、どうしてもコストがかかってしまいます。店舗の維持費などは、決して軽視できません。しかし仮想通貨であれば、たいてい無店舗で経営していますから、色々な手数料を低く抑えられる訳です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です