株のリスクを低くするために少額でナンピンする

株式取引の手法の1つに、玉の複数保有があります。なるべくリスクを抑えたい時は、複数枚保有してみると良いでしょう。1つの玉に多くのお金を集中するよりは、比較的手堅く資産を増やせる事も多いです。

一気に多くの枚数で取引するリスク

株式取引では、ある程度枚数を調整する事も可能です。一気に多くの枚数を保有する事もできますが、あまり枚数が多いとリスクも大きくなってしまいます。
例えば現時点での自分の予算ですと、株券を100枚保有できるとします。もしも全財産を使って100枚保有すると、価格が下がった時の損失額も大きくなってしまうでしょう。
そもそも株式取引には、リスクはあります。証券会社も明示していますが、決してノーリスクの商品ではありません。株価が暴落すれば、含み損が発生する事もあります。
上記のように100枚保有していると、その暴落で大損失になってしまう訳です。それよりは、むしろ枚数を控えめにする方が良いでしょう。

リスクを低くするために枚数を少なくする

もしも現在の株価が800円なのであれば、一気に100枚買うのではなく、とりあえず10枚だけ買ってみるやり方があります。その後に、株価が700円になった時でも、損失額は1,000円程度に抑える事ができます。
もしも100枚買っていますと、損失額は1万円になってしまうでしょう。リスクを抑えたいなら、やはり枚数は控え目にする方が良いのです。

下がったら少額で追加していく

ですが上記のように株価が700円に下がったのであれば、結局は含み損は発生するでしょう。何とかして、マイナス100円分の利益を確保する必要があります。
そこで、株価が700円の時に10枚だけ追加購入してみる訳です。もしも株価が800円に戻ってくれれば、結局は1,000円分の利益が発生します。
ちなみに株価が600円に下がった時も、10枚購入します。下がっていけば、その都度少ない枚数で購入していく訳です。

少ない枚数でナンピンしていく

このようなやり方は、株のナンピンと呼ばれることもあります。ナンピンは、あまり良くない手法であると思われている事もありますが、それも枚数次第です。
確かに多くの枚数でナンピンすれば、リスクも大きくなってしまいます。しかし上記のように少額の枚数で株取引していれば、かなりリスクを抑えられるでしょう。ナンピンもやり方次第なのです。
ただし、あまり建玉の数は多くしない方が良いでしょう。あまり数が増えてしまいますと、混乱してしまう事もあるからです。ですから株トレーダーによっては、「最大10枚」などのルールを決めている事もあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です